<< アンケート集計結果が届きました!非常感謝!! | main | 中国でも発売、『ニーハオ!ふたごのパンダ』 中国語版 >>

中国の “黄砂アート” と、近況報告を少し・・・

 黄砂アート
 【北京 日常 ブログ】
 最近、とある翻訳の仕事で、テンパッているワタクシです。 でもちょっと一段落しましたので、写真で近況報告をば・・・ (って毎日、ヒマそうにブログ書いてんじゃん!って突っ込まないでくださいよお〜! ^^;)。

 上の写真は先ごろ、中国の大手ポータルサイトなどに掲載されて話題を呼んだ、いわば 黄砂アート です! 中国では今年3月中旬以降、大規模黄砂が全土に吹き荒れましたが、これはこのほど紹介された写真です (『法制晩報』3月28日付)。
 自動車のフロントガラスやサイドガラスに積もった黄砂を利用して、レオナルド・ダ・ヴィンチも顔負け? のアート作品に仕上げています。 「趣向がちょっと洋チックかな?」 と思っていたら、作者は外国人らしい。
 環境汚染だ、公害だ、などと不評きわまりない黄砂の飛来ですが、こうした楽しみ方もあったんですね! 
 とはいえ、やはり大量の黄砂は困りもの。 自然現象だからと諦めるのではなく、21世紀の叡智を集めて、恒例の “黄砂被害” をできるだけ食い止めてほしいものです。
  羽田さんと  『公式ガイドブック』

 左上の写真は、長野県小県郡長和町の(株)日本ウオルナットの社長にして、地元の著名人、羽田義久さんとお目にかかった時のもの (3月30日)。 羽田さんには、昨年秋に一時帰国した時も、たいへんお世話になりました (2009年10月10日付)。

 北京市内にある、清代末期の最高権力者・西太后慈禧ゆかりのレストラン 「桂公府」 でお会いしましたので、話はしぜんと両国で放送中の日中共同制作ドラマ 「蒼穹の昴」 のことに。 同ドラマの 『公式ガイドブック』 (講談社) なども、お土産に頂戴しました!(写真右上)

 羽田さんは、秦の始皇帝から命を受け、中国から日本に渡来したとされる方士・徐福の末裔か?といわれています。 「秦」 は別に 「はた」 とも読みますので、のちに 「羽田」 さんになったのでしょう。 なんともロマンがありますよね! 羽田孜元首相とも、近いご親戚関係にある方です。
 中国をめぐるビジネスや文化交流など、じつに様々な話で盛り上がりました。
 楽しいひとときを、本当にありがとうございました〜〜!!^^

美女軍団と こちらの写真は、北京ゆかりの日本の美女軍団 (!) と、江南地方へ行った時のもの。 というのは見え透いた冗談で、北京市内の江南料理店で撮った写真です (3月31日)。

 左から、上海万博を前に仕事が佳境に入っているというフリーディレクターのこばじゅんさん、このほどご結婚され、幸せいっぱいの吉川すみさん、フリーカメラマンのKOMAさんと。

 KOMAさんらは、この翌日から新疆ウイグル自治区、甘粛省への旅に出かけました。 昨年7月、大規模暴動が発生した新疆は今でも、厳しい情報統制や公安当局の監視が続けられているようです。
 心配になった私は2、3日に1度ずつ、ケータイ電話へメッセージを入れてもらうことにしました (母のような慈しみでしょう?? ^^;)。

 今のところ彼女たちは元気で、ウルムチ、カシュガル、嘉峪関などの旅を予定通り続けているようです。 もうじき、旅行カバンいっぱいに土産話を詰め込んで、北京に戻ることでしょう。

 娘たちや〜〜、ぶじに帰って来るんだよ〜〜〜!!! (^0^)/~~ 
 ということで、今日はこのへんで……。 ^^


※ 『NHKドラマ 「蒼穹の昴」 公式ガイドブック』、講談社 アマゾン


スポンサーサイト

  • 2017.06.25 Sunday
  • -
  • 15:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
先日の黄砂に、酷く悩まされた一人ですが…まさか、こんなアート的な楽しみ方(?)もあったとは!

とても驚いてしまいましたw(^o^)w

“黄砂だ”と言われなければ、気付かない作品ばかりですね!

目の前にある“苦しみ”を負の面としてだけとらえるのではなく、見方を変え、プラスの方向へ変えてしまう、どんな状況も楽しむ、というのは、すごい発想の転換だなと思いました!

翻訳のお仕事、気分転換をしつつ、頑張ってください♪
  • aiai
  • 2010/04/07 5:20 PM
aiaiさん: ありがとうございます!

> こんなアート的な楽しみ方(?)もあったとは!

ホント、面白いですよね〜〜!!! 
思わず転載してしまいましたが……(出所を明らかにしているので、ご容赦のほどを……ダメかしらん? あはっ!!) ^^;)>

これは外国人アーティストの作品でしたが、じつは中国人の自然発生的・路上アート?も面白いですよ〜〜。雪が降れば、いろんな雪だるまが作られたりして。
今年1月に降雪があったとき、うちの近所には精巧な「自動車」雪だるまが作られていて、1人で大ウケ……。でも翌日、カメラを持って再訪したら、跡形もなく消されていました。本当に残念でした〜〜!!(いつもカメラを持ち歩けって??) ^0^;

翻訳のほうも頑張りますね!ありがとうございます〜〜♪♪^^
本当です!!

苦しみも楽しみに変えたほうが勝ち…ですかね??(笑)

私も閲読の文を作成中…
途中で私の担当と違うところを作ってる事に気がつき!!!!

あせってるのに…
つい…

今から頑張ります^^;(あ、更に…です)
  • やーうぇん
  • 2010/04/07 7:49 PM
かしまし娘のおかん様へ: あんさんの心にそっとふれさせてもらうで(イランカラプテ)

先日の黄砂に、酷く悩まされた一人やけど…まさか、こないなアート的な楽しみ方(?)もあったとは!

むッチャ驚いてしもたんやw(^o^)w

“黄砂だ”と言われなければ、気付かない作品ばかりやね!

目の前にある“苦しみ”を負の面としてだけとらえるのではなく、見方を変え、プラスの方向へ変えてしまう、どないな状況も楽しむ、とゆうのは、どエライ発想の転換だなと思いたんや!

翻訳のお仕事、気分転換をしつつ、頑張っておくんなはれ♪

関西弁変換システム~関西弁に変えるでぇ~
http://www.e-yanagase.com/kansai.html
やーうぇんさん: ありがとうございます。

> 苦しみも楽しみに変えたほうが勝ち…ですかね??(笑)

黄砂の話から、人生訓へと、またもや飛躍しておりますが……。^^;
私もそう思いますよ! どん底の苦しみから這い出すのは大変だと思うけれど。すべては時が解決してくれるでしょう〜〜ららら〜〜♪♪♪

> 途中で私の担当と違うところを作ってる事に気がつき!!!!

「どうしたんだっ、やーうぇん!!!」 

とコーチっぽく叫んでみました。
お互いに頑張りましょう〜〜〜!!! ^^)/
美幌のまさやん様: ありがとうございます。

「関西弁変換システム~関西弁に変えるでぇ~」、楽しんでいただけているようで、何よりです。

しかし関西弁てのは、難しいでんなぁ〜〜。
勉強させてもらいますわ!(アリ?意味違う??)。。。
 ますます関西弁化。いったいぜんたい、どないなってまんねん!
 そういえばいま、植村花菜さんの感動的な関西弁の歌「トイレの神様」が、流行ってますわ。おばあちゃんがトイレ掃除のきらいな孫に「トイレにはそれはそれはキレイな神様がいるんやで だから毎日キレイにしたら 女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで・・・」
 10分近い大曲、もう涙が出るほどのええ歌でっせ。
 ま、せっせとトイレ掃除、しはったら? すでにべっぴんさんやから、せんでもええかもしれまへんが。
 ほなまた。
  • とらやん
  • 2010/04/07 10:29 PM
とらやんさん: ありがとさんです!
どないなってまんねん! ていわれたかて、そりゃあ 「関西弁変換システム~関西弁に変えるでぇ~」 の威力じゃおまへんでっしゃろーか?
(ああ、しんど……^0^;)

関西弁のヒット曲 「トイレの神様」 はまだ聞いたことがありませんが、今どきのトイレ掃除、こんなカンタンなものはありませんぜ。水洗だからもともときれいだし、臭くないし・・・(北京の胡同や農村にまだ残る、ぼっとんトイレを掃除せいといわれたら、やはり引きますが……)。

先日の中国山西省の浸水事故で、閉じ込められた153人中、8日間で115人が救出されましたが、木の皮を食べたり、お小水を飲んだりして生き延びたのだとか……。

それを思えば、トイレの水かて飲めますやんか〜〜! (≧ヘ≦)  
なんにしても、ものどエライ生存能力や〜〜(アレ? ワテの言葉、おかしうなってもうた……)。
無事、生還しました!!
旅行カバンではなく小さなディパックで
旅に出ていたので、土産話をたくさん詰め込んだら
お土産を入れるスペースがなく・・・

というのは冗談で、どっかで大騒ぎする時に
お土産とお土産話を持参しますので、
またお付き合いください!!
  • koma
  • 2010/04/08 9:35 PM
komaさん: いや〜〜ご無事の生還、なによりでした。良かった、良かった!!! 安心しました〜〜!!! 
私が20年くらい前に行ったときは(!?)牧歌的な雰囲気で、のんびりしていて、とてもそんな緊張感はなかったんだけどねえ。ということはこの20年でかの地も様変わりしたんだろうなあ……。

> 小さなディパックで

さすがは旅の達人です!!! 「旅行カバン」と書いたのは、「♪浪漫飛行」みたいでカッコいいかなと思ったから!^^ あれは「トランク」でしたけどね!

> どっかで大騒ぎする時に
> お土産とお土産話を持参しますので、

おお〜〜楽しみにしています〜〜!!!
お土産まで……気をつかわなくていいのに(T_T)

まずは、無事のお帰り、本当に良かったです!^^
しゃおりんさん、とらやんさん、どうもおおきに!

植村花菜の感動的な関西弁の歌「トイレの神様」をアップしたんや。
美幌のまさやん様: ありがとうございます。

貴エントリーを拝見しました。残念ながら、こちら大陸では現在、ネット規制のために、ユーチューブを見ることができません(サーバーが外国にある人などは別ですが……)。

なので、「トイレの神様」をまだ聞いていないのです。残念。。。
“ニコ動”にはアップされているのかな??
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
暴動事件後の新疆ウイグル自治区へ行く!!その心境は・・・
1週間ぶりのアップです。 無事、旅から帰ってきたので改めて旅の報告を・・・ ・・・ 所用で「新疆ウイグル自治区」へ行くことになった。 元北京仲間で、日本で中国に関連する研究を続けている Sさんが、研究の一環でカシュガルの様子を見たいとのこと。 そ
  • Emmyの中国道中記―Emmy Broad"Band"Castブログ(Blog)
  • 2010/04/08 1:21 PM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM