2000年の芸術精華を展望 「館蔵 中国の陶芸展」、五島美術館で 2/18 〜3/26

 【中国 展覧会 ブログ】
 2000年にわたる中国のやきものの歴史を展望する、公益財団法人五島美術館 (東京・世田谷区) の 館蔵 中国の陶芸展 が2月18日(土)から3月26日(日)まで、同美術館で開催されます。

 ――漢時代から明・清時代にわたる館蔵の中国陶磁器コレクション約60点を展観。

 戦国時代の計量道具から、唐三彩の壺、宋時代の砧青磁、明時代の青花・五彩まで、時代順に展示し、2000年にわたる中国のやきものの歴史を展望します。

 館蔵の「日本刀剣」約10振も同時公開―― (五島美術館)。

続きを読む >>

「魔界のヴァイオリン・佐藤久成 ミニライブ&トーク」、2/17(金)夜 開催へ

最新CD「魔弓のレジェンド」 【東京 音楽 ブログ】

 いま世界が注目しているヴァイオリニスト、佐藤久成 (さとう・ひさや) さんが、東京・神田の ブックカフェ二十世紀 に登場します。

 題して、魔界のヴァイオリン・佐藤久成 ミニライブ&トーク

 ブックカフェで特別に、超絶技巧のヴァイオリン・ソロをご披露いただくほか、映画ジャーナリストで家人の二井康雄が聞き役となり、楽しいトークを繰り広げます。

 佐藤さんは、東京芸術大学を卒業後、ブリュッセル音楽大学、ベルリン芸術大学などで学び、リッチやベオグラードなどの国際コンクールで優勝・入賞しました。
 1994年、ベルリン交響楽団の定期公演で、ソリストとしてヨーロッパ・デビュー。その後、世界各地で公演し、絶賛を浴びました。
続きを読む >>

シンガーソングライターのbisqさん、1/14 年明けライブ開催へ

bisqさん 【日本 音楽 ブログ】

 北海道出身のシンガーソングライターで、中国・北京に留学経験のあるbisq (ビスク) さんが来年1月14日 (土) 午後、東京・恵比寿で年明けライブを開催されます。

 各40分ステージで、3組のアーティストが出演。
 bisqさんはギターとピアノの弾き語りで、さらに新曲が披露されるそうです。

 また、今回3回目となる好評の 書き初めライブ も。 ライブステージ上で実際に筆を使って文字を書く、bisqさん独自のパフォーマンスで、こちらもお楽しみです。
続きを読む >>

爆笑!落語&映画トーク 第3回「フタイ×キウイの二人でイイ噺!」、11/19開催へ

立川キウイ師匠 【東京 イベント ブログ】

 落語立川流の真打、立川キウイ師匠と、生活総合雑誌 『暮しの手帖』 の元副編集長で映画ジャーナリストの二井康雄 (家人) による、落語と映画をめぐるトークショー フタイ×キウイの二人でイイ噺! のお知らせです。

 第3回となる今回は、どんな爆笑トークが繰り広げられることでしょう。 私も楽しみにしています! ^^)/

 二井からのご案内は下記の通り。
 ふけゆく秋の夜、日常を忘れて、落語も映画も堪能できる欲ばりなトークを、どうぞお楽しみください!

           ―第3回 「フタイ×キウイの二人でイイ噺!」 ご案内―

続きを読む >>

日中改善考える 第5回「日中出版界友好交流会」、9/23開催へ――宮本雄二元中国大使が基調講演

第5回日中出版界友好交流会 【東京 イベント ブログ】

 日本と中国の出版界における交流の促進をめざす、第5回 「日中出版界友好交流会」9月23日(金)午後、東京・千代田区の衆議院第一議員会館で 「日中国交正常化45周年に向けて 
 出版交流と両国関係改善を考える
」 をテーマに開催されます。

 主催は、中国環球新聞出版発展有限公司、日本僑報社。

 後援は、日本書籍出版協会、中国駐日本大使館、日中文化交流協会、日中関係学会、日中友好会館、日中協会、NPO法人日中交流支援機構 (一部申請中)。
 協力は、日中翻訳学院。

 日本僑報社より、ご案内をいただきました。
続きを読む >>

色彩豊かな中国捉えた写真展 第6回「五彩斑爛の中国」 9/7〜開催へ

第6回「五彩斑爛の中国」 【東京 写真展 ブログ】

 色彩豊かな中国のさまざまな姿を捉えた写真展、第6回 「五彩斑爛の中国」 が9月7日(水)から12日(月)までの6日間、東京・西新宿のリコーイメージングスクエア新宿 (ペンタックスフォーラム) ギャラリーI&II で開催されます。

 日本写真家協会会員により結成された日本中国写真藝術協会の主催。
 今年は設立10周年に当たり、今回の写真展はこれを記念しての開催になるそうです。

 展示作品は、中国各地の世界遺産・民族・風俗を、日本のプロの写真家たちがそれぞれ独自の視点で捉えたカラー作品約50点

 今回は特別企画として、2008年四川大地震から復興する現地の状況と、2011年東日本大震災から復興する現地の状況をそれぞれ記録した写真の展示コーナーも設けられます。
続きを読む >>

『ぼくの花森安治』 出版記念の集まり 2日で90人集い、にぎやかに

  出版記念の集まり_160820

 【東京 イベント ブログ】
 最近、このブログでも度々ご紹介している、個人的な話題ですが……。 (^^;)>

 NHK連続テレビ小説 「とと姉ちゃん」 のモチーフとなった 「暮しの手帖」 の真実を描いた二井康雄ぼくの花森安治 (CCCメディアハウス) の出版記念の集まりを8月19、20の両日、東京・神田神保町の 「ブックカフェ二十世紀」 で開催しました。

 19日は52人、20日は38人の計90人もの人たちが、家人の出版のお祝いに駆けつけてくださいました。
 顔ぶれも幅広く、版元のCCCメディアハウスをはじめ出版関係者、マスコミ、映画監督、映画関係者、落語家、ジャーナリスト、カメラマン、書家、舞台俳優……などなど。

 おかげさまで、話題と祝辞と笑いの絶えない、にぎやかで楽しい会となりました。

 その時のもようを、ホームページ 「二井サイト」 のニュースページ でご紹介しています。
 よろしければぜひ、ご笑覧ください!
続きを読む >>

「現代東アジア文学史の国際共同研究」 第4回シンポ、7/29〜30開催へ

藤井省三先生 【東アジア 文学 ブログ】 

 東京大学の藤井省三教授 (現代中国語圏文学) より、国際シンポジウム 「現代東アジア文学史の国際共同研究」+莫言講演集出版記念講演会 のご案内をいただきました。

 7月29、30の2日間にわたり、東京・文京区の東京大学本郷キャンパスの 山上会館 (地図) で開催されます。

 中国のノーベル文学賞作家・莫言による 『莫言の思想と文学』 に続く、講演の翻訳集 『莫言の文学とその精神 中国と語る講演集』 (莫言著、林敏潔編著、藤井省三・林敏潔訳、東方書店) の刊行を記念する講演会 (7月30日、15:30〜17:30) のみのご参加も歓迎します、とのこと。

 皆様、ぜひご参加ください。
 内容やお申し込み方法は、下記の通り。

                東京大学文学部中文研究室主催
           「現代東アジア文学史の国際共同研究」 第4回シンポ

続きを読む >>

アジアンウオッチャーの須賀努さん講演会、7/22、7/23 開催へ

『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』 【アジア 旅 ブログ】

 お茶をテーマにアジア各地の旅を続ける、アジアンウオッチャーでコラムニストの須賀努さん。
 以前、北京に駐在されていた時には、余暇を生かして 「北京読書会」 を主宰され、私もいろいろとお世話になりました。

 そんな須賀さんの一時帰国に合わせて、講演会がいくつか開催されます。

 最近では、旅行作家の下川裕治さんが最新著 ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行 で紹介されたディープな旅に須賀さんも同行され、附章 「万里茶路を行く」 を寄稿されています。

 講演会では、それらにまつわる貴重な現地のお話がうかがえるかもしれません。

 ご関心のある方はぜひ、須賀さんの講演会にご参加ください! ^^)/
 ご案内は以下の通り。

続きを読む >>

矢吹晋先生の連続講座 第1回 「ホワイトハウスから見た 『ピンポン外交』 交渉秘話」、6/29開催へ

矢吹晋先生の連続講座 第1回 【東京 講座 ブログ】

 横浜市立大学の矢吹晋名誉教授がこの6月29日より、東京・神田の 「ブックカフェ二十世紀」 で、月1回予定の連続講座 日本と中国のリアルを語る を開催されます。

 記念すべき第1回のテーマは、ホワイトハウスから見た 『ピンポン外交』 交渉秘話

 先日 (5月20日) は同じ会場で、日本卓球協会の森武名誉顧問が、卓球の関係者として、また日本側当事者の1人として、歴史的な米中接近と日中国交正常化を促した1971年の 「ピンポン外交」 の交渉秘話を克明に証言してくださいました (関連エントリー関連記事)。

 これに続くかのような矢吹先生の講座では、ピンポン外交から45周年の節目の年にあたる今年、「ピンポン外交とは何か」 について当時のアメリカ政府の視座から解説していただきます。
続きを読む >>
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM