名匠エドワード・ヤン監督特集――早稲田松竹で10/7〜10/13 上映へ

  エドワード・ヤン監督特集

 【中華圏映画 ブログ】
 伝説の傑作 「牯嶺街 (クーリンチェ) 少年殺人事件」 の名匠エドワード・ヤン (楊昌) の生誕70年、没後10年に当たる今年、「エドワード・ヤン監督特集」 上映が10月7日から13日まで、都内の名画座 「早稲田松竹」 で行われます。
続きを読む >>

「セデック・バレ」監督の最新作!ミュージカル「52Hzのラヴソング」、12月公開へ

52Hzのラヴソング 【台湾 映画 ブログ】

 ――大作映画 「セデック・バレ」 のウェイ・ダーション監督が手掛けた6年ぶりの最新作!

 世代も性別も超えた様々な愛のカタチを、17曲のラヴソングで綴った極上のミュージカル・エンタテイメント!!


 バレンタインデーの台北。
 かき入れ時の花屋の店主シャオシンには、一緒に過ごす彼氏がいない。

 パン屋の職人シャオアンは、思いを寄せる女性レイレイにプレゼントするための特別なチョコレートをつくる。

 配達中に接触事故を起こしたシャオシンとシャオアンは、仕方なくバイクで一緒に両方の配達をすることに……。

 一方、レイレイは、夢を追い続ける作曲家の恋人ダーハーを応援しながら同棲10年目を迎えていたが、別れとプロポーズという正反対の思惑を抱えながらバレンタインの朝を迎えていた――。
続きを読む >>

絵本作家ジミー・リャオ原作の台湾映画「星空」、待望の日本公開へ10/28〜

「星空」 【台湾 映画 ブログ】

 台湾の人気絵本作家ジミー・リャオのベストセラー『星空』を映画化!

 台湾映画史に燦然と輝く珠玉作、待望の日本公開!
 

 ――少女の家はすばらしい美術品に囲まれていた。しかし、美術商の両親は出張がちで離婚秒読みとなり、彫刻家のやさしい祖父も亡くなってしまう。

 居場所を失った少女は、スケッチブックを抱えて街をさまよう不思議な転校生と出会い、2人で星空を見るために旅に出る……。

 主演は、チャウ・シンチー監督の「ミラクル7号」で主人公の少年を演じたシュー・チャオ。共演に映画初出演のリン・フイミン、そしてシー・チンハン(Mayday)、グイ・ルンメイらが名を連ねる。
続きを読む >>

石垣島への台湾移民一家の記憶を辿るドキュメンタリー 「海の彼方」、8月公開へ

「海の彼方」 【台湾・日本 映画 ブログ】

  ――80年を超えて探し求めるアイデンティティー。

 石垣島から、台湾への帰郷。
 人生最後の里帰りの旅。
 

 1930年代、石垣島へ渡った台湾移民。
 台湾人とも日本人とも認められず、時代に翻弄されたある一家の3世代にわたる人生と記憶の軌跡。
続きを読む >>

ドキュメンタリー映画 「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」、8月日本公開へ

「日曜日の散歩者」 【台湾 映画 ブログ】

 ――1933年、日本統治下の台湾。

 日本語で台湾文学を創造しようとした若き台湾詩人たちは、二二八事件、白色テロ、時代のうねりに巻き込まれていく――。
 

 第53回金馬奨 (2016年)、最優秀ドキュメンタリー賞受賞!

 ――80年以上の時を経て、台湾で注目を集めるモダニズム詩人団体 「風車詩社」。

 日本近代詩の先駆者で、世界的評価の高いモダニスト、西脇順三郎 (1894−1982年) や瀧口修造 (1903−1979年) らとの交流から、日本文学を通してジャン・コクトーなどの西洋モダニズム文学に触れながら、台湾の若きシュルレアリストたちの情熱が育まれていった……。
続きを読む >>

返還20年迎える香港の未来描く社会派問題作 「十年」、7/22〜日本公開へ

香港映画 「十年」 【香港 映画 ブログ】

 変わりゆく現実と、変わらないと願う未来。

 2016年香港映画界の “事件” とされた社会科問題作、いよいよ日本上陸へ。


 ――2015年の製作時から10年後の香港を見据えた、短編5本からなるオムニバス映画。
 中国返還後、一国二制度のもとで揺らぐ香港が抱える矛盾を映し出す。

 監督は、それまで短編で才能を認められた新人5人、俳優もほぼ無名ぞろい。
 製作費は日本円にしてわずか750万円。 たった1館の上映から始まったが口コミで拡大し、「スターウォーズ/フォースの覚醒」 を上回る興行収入9200万円のヒットを飛ばした。

 香港のアカデミー賞といわれる香港電影金像奨 (2016年) で、最優秀作品賞を受賞。
 同年の第11回大阪アジアン映画祭でも特集企画で上映された。
続きを読む >>

映画 「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」 5/27〜日本公開へ

「ママは日本へ嫁に言っちゃダメと言うけれど。」 【日台合作 映画 ブログ】

 ――恋に臆病になっているあなたに贈る!

 Facebookで出会って国際結婚!
 
 日本男子と台湾女子の実話を描いた仰天サクセス・ラブストーリー。


 ――台湾に住む元気いっぱいの女の子、リン。
 日本のドラマやアニメが大好きで、通っている大学でも日本語を専攻するほどの立派な “ジャパオタ” として知られていた。
続きを読む >>

エドワード・ヤン×ホウ・シャオシェンの幻の傑作 「台北ストーリー」、5/6〜公開へ

「台北ストーリー」 【台湾 映画 ブログ】

 エドワード・ヤン×ホウ・シャオシェン

 台湾ニューシネマの幻の傑作が、4Kデジタル修復版でついに日本初公開!


 エドワード・ヤン生誕70年・没後10年
 主演・製作・共同脚本: ホウ・シャオシェン (4Kデジタル修復版 監修)


 ――「牯嶺街 (クーリンチェ) 少年殺人事件」 の名匠エドワード・ヤンが、1985年に撮り上げた2作目となる長編監督作品。

 舞台は80年代半ば、急速な経済成長にともない変貌を遂げつつある大都市、台北。
 元野球選手ながら、現在は親の家業である紡績業を継いだアリョン。 恋人のアジンはアメリカへの移住を考えている。
 過去の栄光にとらわれた男と、未来に思いを馳せる女のすれ違い、そして彼らを取り巻く人々の姿が、変わりゆく台北を背景に描かれる――。
続きを読む >>

映画「イップ・マン 継承」、ドニー・イェン待望のシリーズ第3弾! 4/22公開へ

「イップ・マン 継承」 【中華圏映画 ブログ】

 世界のドニー・イェン、待望のシリーズ第3弾! 
 最凶の敵、現る。 試されるのは、達人の心。


 ブルース・リーの唯一の師として知られる武術の達人、イップ・マン (葉問) を、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」 など、ハリウッドでも活躍するドニー・イェン (甄子丹) が演じるアクションシリーズの第3弾 イップ・マン 継承 が、いよいよ日本で公開されます。

 ――舞台は1959年の香港。
 町を牛耳る外国人フランクの暴挙に立ちはだかる、カンフーの達人イップ・マン。 だがそれは、彼の家族を命の危険にさらすことを意味していた。

 さらに、武術 「詠春拳」 の正統をめぐり、イップ・マンは死闘に挑むことになる。 彼は最も大切なものを守ることができるのか? ――
続きを読む >>

2/11公開の映画「ママ、ごはんまだ?」、原作者の一青妙さん、白羽弥仁監督が語る

一青妙さん 【台湾 映画 ブログ】

 エッセイストで女優として活躍する一青妙 (ひとと・たえ) さんの家族エッセイ 『私の箱子』 『ママ、ごはんまだ?』 (ともに講談社) を原作とした日台合作映画の ママ、ごはんまだ?2月11日 (土) より、東京・新宿の角川シネマ新宿で公開されます。

 一青妙さんは、人気歌手の一青窈 (ひとと・よう) さんの実の姉。

 台湾人の父と日本人の母のもとに生まれ、多感な幼少期を台湾で過ごし、現在は日台の懸け橋として活躍されています。

続きを読む >>
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
  • 米国で公開された話題の映画 「PANDAS」、予告編が堪能できる!
    しゃおりん (04/16)
  • 米国で公開された話題の映画 「PANDAS」、予告編が堪能できる!
    ちびぱんだ (04/16)
  • 「じらさないで!」、奈良公園に中国語などで鹿せんべい注意看板が登場
    しゃおりん (04/05)
  • 「じらさないで!」、奈良公園に中国語などで鹿せんべい注意看板が登場
    楊玉環 (04/04)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM