『スーパーシティ』 で連載、“80〜90後” の幸福感とは?

「新時代の皇城根儿」第11回    『SUPER CiTY CHiNAビジネス』4月号

 【北京 雑誌 ブログ】
 中国で発行されている日本語フリーマガジン SUPER CiTY CHiNAビジネス で、コラムを連載しています。

 その名も、新時代の皇城根儿―北京の80〜90後―
 「皇城」 (ホワンチェン) とは旧王朝の宮殿・故宮 (紫禁城) のこと。
 「根儿」 (ゲル) とは 「根っこ」。
 「皇城根儿」 とはつまり 「紫禁城下」 を指しています。

 このコラムでは、そんな故宮のお膝元に住んでいる新時代の根っこたち、中でも改革・開放の申し子とも、新人類ともいわれる 80後 (バーリンホウ、1980年代生まれ)、90後(ジュウリンホウ、90年代生まれ) にスポットを当て、彼らの夢や悩みを追っています。

 いずれも明日の中国を担う若い世代。 彼らの意識や動向を探ることは、今後の中国を占うことにもなるのでは? と淡い期待と大きな疑問を抱きながら、北京の80後、90後に果断に接近したいと思っています。

 毎回テーマを決めて、彼らの意識に迫ろうとするこのコラム。 最新2011年4月号、第11回のテーマは、幸福感―― 「家庭の“和諧”」 が大事』。
続きを読む >>

NW別冊ムック 『世界を変える女たち』、ご覧ください!

NW誌ムック 【北京 雑誌 ブログ】
 グローバルな視点で、世界情勢を読み解く時事週刊誌 『ニューズウィーク日本版』 (阪急コミュニケーションズ)。

 本日発売の同誌別冊ムック Newsweek for Women 世界を変える女たち で、中国関連のコラムを執筆しています。

 「女性が男性と戦ったのは過去の話。女という殻を破って輝く女性たちに、『新しい女性像』 をお届けします」
 「目指すのは、世界に通じるスマートなイイ女。 各国で活躍する女性リーダーの紹介に加え、次世代リーダーに必要な本物のインテリジェンスとラグジュアリーを世界各地から総力リポートします」 (同誌編集部)
続きを読む >>

『スーパーシティ』 で連載、物価高の克服作戦は?

 「新時代の皇城根儿」第10回  『SUPER CiTY CHiNAビジネス』3月号

 【北京 雑誌 ブログ】
 中国で発行されている日本語フリーマガジン SUPER CiTY CHiNAビジネス で、コラムを連載しています。

 その名も、新時代の皇城根儿―北京の80〜90後―
 「皇城」 (ホワンチェン) とは旧王朝の宮殿・故宮 (紫禁城) のこと。
 「根儿」 (ゲル) とは 「根っこ」。
 「皇城根儿」 とはつまり 「紫禁城下」 を指しています。

 このコラムでは、そんな故宮のお膝元に住んでいる新時代の根っこたち、中でも改革・開放の申し子とも、新人類ともいわれる 80後 (バーリンホウ、1980年代生まれ)、90後 (ジュウリンホウ、90年代生まれ) にスポットを当て、彼らの夢や悩みを追っています。

 いずれも明日の中国を担う若い世代。 彼らの意識や動向を探ることは、今後の中国を占うことにもなるのでは? と淡い期待と大きな疑問を抱きながら、北京の80後、90後に果断にアプローチしたいと思っています。

 毎回テーマを決めて、彼らの意識に迫ろうとするこのコラム。 最新2011年3月号第10回のテーマは、 物価――値上がりの克服作戦は?」。
続きを読む >>

『スーパーシティ』 で連載、春節の過ごし方は?

「新時代の皇城根儿」第9回  『SUPER CiTY CHiNAビジネス』2月号

 【北京 雑誌 ブログ】
 中国で発行されている日本語フリーマガジン SUPER CiTY CHiNAビジネス で、コラムを連載しています。

 その名も、新時代の皇城根儿―北京の80〜90後―
 「皇城」 (ホワンチェン) とは旧王朝の宮殿・故宮 (紫禁城) のこと。
 「根儿」 (ゲル) とは 「根っこ」。
 「皇城根儿」 とはつまり 「紫禁城下」 を指しています。

 このコラムでは、そんな故宮のお膝元に住んでいる新時代の根っこたち、中でも改革・開放の申し子とも、新人類ともいわれる 80後 (バーリンホウ、1980年代生まれ)、90後 (ジュウリンホウ、90年代生まれ) にスポットを当て、彼らの夢や悩みを追っています。

 いずれも明日の中国を担う若い世代。 彼らの意識や動向を探ることは、今後の中国を占うことにもなるのでは? と淡い期待と大きな疑問を抱きながら、北京の80後、90後に果断にアクセスしたいと思っています。

 毎回テーマを決めて、彼らの意識に迫ろうとするこのコラム。 最新2011年2月号、第9回のテーマは、春節――過ごし方も新旧さまざま」。
続きを読む >>

矢野浩二さんの 『南方人物週刊』 インタビュー記事に

『南方人物週刊』 【北京 雑誌 ブログ】
 夕べ、中国のある若い友人から、こんな携帯メールをもらった。
 「小林老師,剛剛在 《南方人物週刊》 上看到了一段您写給浩二的話,很受感動。 順致冬日的問候」

 なんでも、中国で活躍する日本人俳優矢野浩二さんにあてて書いた私 (小林) の一文が、中国の週刊誌 『南方人物週刊』 に掲載されていた。 それを読んでとても感動した。 冬の日のご挨拶を申し上げます――とのことだった。

 しかし、身に覚えはなかった。
 『南方人物週刊』 は、革新的な論調で、独自取材にも定評がある人気紙 『南方週末』 (主管・南方報業伝媒グループ、本社・広州市) が手がける人物インタビュー誌。
 そんな有名な全国誌には、寄稿した覚えもなければ、取材を受けた記憶もない。

続きを読む >>

『スーパーシティ』 で連載、80〜90後の特徴は?

「新時代の皇城根儿」第8回  『SUPER CiTY CHiNAビジネス』1月号

 【北京 雑誌 ブログ】
 中国で発行されている日本語フリーマガジン SUPER CiTY CHiNAビジネス で、コラムを連載しています。

 その名も、新時代の皇城根儿―北京の80〜90後― 。
 「皇城」 (ホワンチェン) とは旧王朝の宮殿・故宮 (紫禁城) のこと。
 「根儿」 (ゲル) とは 「根っこ」。
 「皇城根儿」 とはつまり 「紫禁城下」 を指しています。

 このコラムでは、そんな故宮のお膝元に住んでいる新時代の根っこたち、中でも改革・開放の申し子とも、新人類ともいわれる 80後 (バーリンホウ、1980年代生まれ)、90後 (ジュウリンホウ、90年代生まれ) にスポットを当て、彼らの夢や悩みを追っています。
続きを読む >>

〈フォト特集〉 やーうぇんさん新居でホームパーティー♪

.曄璽爛僉璽謄ー  ▲曄璽爛僉璽謄ー

ホームパーティー 【北京 日常 ブログ】
 今日15日、北京は最低気温がマイナス10度、最高気温がマイナス4度という、この冬一番の寒さを迎えています (中国中央気象台)。

 シベリアからの寒気団と強風の影響を受けて、最低気温はこの10年間の同日比記録 (マイナス10.8度) を更新するという予報も出ていました。

 さらに北京ではここ40日余りまとまった雨がなく、冬特有の厳しい乾燥気候が続いています。
 16日からは風が弱まり、寒さもいささか和らぐとの予報ですが、厳寒シーズンはまだまだこれから。
 どなた様も、防寒・防風にはくれぐれもご注意くださいますようお祈りします。 (^人^;)

 さて、先週末に女友達・やーうぇんさん新居でホームパーティーが開かれまして、楽しいひとときを過ごしました。
 やーうぇんさんは、北京市内の日本語学校3校で、日本語教師をされています。
 集まったのは、彼女の中国人学生で、80後 (バーリンホウ、1980年代生まれ) の青年Sさん、Lさんら計5人。
続きを読む >>

NW誌 「ウイスキー、驚きの新世界」 で中国レポート

NW 12・8号表紙 【北京 雑誌 ブログ】
 グローバルな視点で、世界情勢を読み解く時事週刊誌 ニューズウィーク日本版 (阪急コミュニケーションズ)。

 本日発売の最新号 (12月8日号) の特集 トレンド ウイスキー、驚きの新世界 で、中国レポートを担当しました。

 ウイスキーが今、改めて世界の熱い視線を浴びています。
 その潮流は中国にも押し寄せていて、ニューリッチ層の嗜好がワインからウイスキーに変わっている!?

続きを読む >>

『スーパーシティ』 で連載、80〜90後の 「私と日本文化」

「新時代の皇城根儿」第6回  『SUPER CiTY CHiNAビジネス』11月号

 【北京 雑誌 ブログ】
 中国で発行されている日本語フリーマガジン SUPER CiTY CHiNAビジネス で、コラムを連載しています。

 その名も、新時代の皇城根儿―北京の80〜90後―」。 
 「皇城」 (ホワンチェン) とは旧王朝の宮殿・故宮 (紫禁城) のこと。
 「根儿」 (ゲル) とは 「根っこ」。
 「皇城根儿」 とはつまり 「紫禁城下」 を指しています。

 このコラムでは、そんな故宮のお膝元に住んでいる新時代の根っこたち、中でも改革・開放の申し子とも、新人類ともいわれる 80後 (バーリンホウ、1980年代生まれ)、90後 (ジュウリンホウ、90年代生まれ) にスポットを当て、彼らの夢や悩みを追っています。

 いずれも明日の中国を担う若い世代。 彼らの意識や動向を探ることは、今後の中国を占うことにもなるのでは? と淡い期待と大きな疑問を抱きながら、北京の80後、90後にアクセスしたいと思っています。

 毎回テーマを決めて、彼らの意識に迫ろうとするこのコラム。 最新11月号、第6回のテーマは、 私と日本文化――旅行やお笑い、アニメで知る」。
続きを読む >>

『スーパーシティ』 全国版で連載、80〜90後のネット生活

 「新時代の皇城根儿」第6回   『SUPER CiTY CHiNAビジネス』10月号

 【北京 雑誌 ブログ】
 度々のご紹介となりますが……。
 中国で発行されている日本語フリーマガジン SUPER CiTY CHiNAビジネス で、コラムを連載しています。

 その名も、新時代の皇城根儿―北京の80〜90後―」。 
 「皇城」 (ホワンチェン) とは旧王朝の宮殿・故宮 (紫禁城) のこと。
 「根儿」 (ゲル) とは 「根っこ」。
 「皇城根儿」 とはつまり 「紫禁城下」 を指しています。

 このコラムでは、そんな故宮のお膝元に住んでいる新時代の根っこたち、中でも改革・開放の申し子とも、新人類ともいわれる 80後 (バーリンホウ、1980年代生まれ)、90後 (ジュウリンホウ、90年代生まれ) にスポットを当て、彼らの夢や悩みを追っていきます。

 いずれも明日の中国を担う若い世代。 彼らの意識や動向を探ることは、今後の中国を占うことにもなるのでは? と淡い期待と大きな疑問を抱きながら、北京の80後、90後に迫っていきたいと思っています。

 毎回テーマを決めて、彼らの意識に迫ろうとするこのコラム。 最新10月号、第5回のテーマは、 インターネット――デジタルライフを享受して」。
続きを読む >>
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM