2018年 第90回アカデミー賞、中国語表記は?

「ウィンストン・チャーチル」 【中国語 映画 ブログ】

 世界最高峰といわれる映画の祭典、第90回アカデミー賞授賞式が3月4日 (現地時間) 米ハリウッドで開催され、下馬評通りといいますか、シェイプ・オブ・ウォーター が作品賞など4部門を受賞しました!

 さらに日本人アーティストの辻一弘さんがウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 でメイクアップ・ヘアスタイリング賞を受賞し、日本人としては初の快挙を成し遂げました。
 いやもう本当に素晴らしいですね〜! おめでとうございます!! ^^)/

 授賞式の模様は、日本でもBSテレビなどで放送されたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 辻さんがテレビのインタビューに答えて、成功の秘訣として 「人一倍の努力」 と 「人の言う事を聞かない。 自分を信じて心の声に忠実に」 (要旨) ということを挙げられていましたが、それってなんだか先の平昌五輪のフィギュアスケートで2連覇を果たした羽生結弦選手の信念 (努力することと、自分を信じること=ギスラン・ブリアンコーチの教え) と似ているな〜と、ふと思いました。

 やっぱり、世界的偉業を成し遂げる人の言葉には、重みがあるなあ〜〜〜
 と、日ごろから努力不足の私は反省しきりなのでした……。 (ーー;

 ところで、今年も華やかなアカデミー賞授賞式を見ていて、ふと中国語 (簡体字) 表記が気になりました。
 そこで記録用に、ここに挙げておきたいと思います。 ^^)/ 

続きを読む >>

幸せを呼ぶ 「福」 の字、逆さに貼るのは誤解!?

名人が書いた「福」 【中国 ニュース ブログ】 

 中国では、今年の春節 (旧正月) の1週間におよぶ休暇も終わり、今日2月22日は狗年 (戌年) の仕事始め。

 新年の抱負を胸に、はりきって仕事に向かった人も、休みボケしてしぶしぶ出勤した人も、中にはいるかもしれません。

 そんな春節にまつわる話題を1つ。
 中国では一般的に、春節を迎えるにあたり、自宅の門やドア、窓などにおめでたい の字を貼ることが伝統的風習となっています。 新しい1年の幸せを祈願する習わしですが、この 「福」 の字を逆さに貼ることもいわばブームとなっています。
続きを読む >>

外国人に最も知られる中国語は? 中国の最新調査で明らかに

中国語トップ10 【中国 中国語 ブログ】

 アメリカのトランプ大統領が昨年秋に中国を公式訪問した際、孫娘のアラベラちゃん (6歳) が中国語で歌をうたい、「三字経」 を読む動画をタブレットで習近平国家主席に見せたことが話題になりました。

 そんな一幕からもうかがえるように、近年は欧米でも中国語学習熱が高まっているようですが、では一体、どんな中国語が外国人に知られているのでしょう?

 そんなユニークな調査結果がこのほど、CCTV (中国中央テレビ) ニュースチャンネルの番組で明らかになりました。
続きを読む >>

今なにしてる? ライブ映像で見よう!東京と成都のパンダ

 「iPanda パンダチャンネル」より

【ネット 映像 ブログ】
 東京・上野動物園の人気者、赤ちゃんパンダのシャンシャンが昨年12月19日から一般公開されて1カ月余り。
 観覧は1月31日まで事前抽選で、1日約2000人に限られていたため、多くの人にとってシャンシャンは “高嶺の花” でした。

 2月からは先着順での整理券配布に変更されるそうですが、それでも観覧人数は1日約9500人と限定される予定。 パンダ親子の健康面に配慮して、観覧時間と人数を事実上制限していることに変わりはありません。

こうした中、「より多くの皆さんにご覧いただきたい」 と同動物園がスタートしたパンダのライブ映像配信が、人気を集めているようです (昨年12月19日〜)。

 その名も、UenoPandaLive.jp (うえのパンダライブドットジェイピー)。
続きを読む >>

日本の放置系ゲームアプリ 「旅かえる」、中国でも「癒される」とブレイク

  「旅かえる」

 【中国 ニュース ブログ】
 旅好きのかえるを旅に送り出し、のんびりと帰りを待つ日本の “放置系” ゲームアプリ 旅かえる が最近、中国でもブレイクしている模様です。
 中国SNS 「微信」 (WeChat) のモーメンツでホットな話題となっているほか、中国App Store無料ランキングゲームカテゴリーで首位を獲得 (1月20日)。 以来、トップの座を守っているということです。
続きを読む >>

2018年、中国の祝祭日のお休みは?

 2018年2月の中国カレンダー

 【中国 ニュース ブログ】
 2018年も、スタートして早半月余りが経ちました。

 今年、日本の 国民の祝日 は、元日や成人の日など計20日あるそうです (日曜の祝日と振替休日を含む)。
 昨年は土曜に重なる祝日が4日あり計17日でしたから、今年は昨年よりも3日多く、ちょっとうれしい気がします。 (^m^)

 土曜を含めた3連休 (以上) のある月は、1月、2月、4月、5月 (4連休)、7月、9月 (2回)、10月、11月、12月と、3・6・8月以外ほぼ毎月。
 もっとも3月には、21日(水)に春分の日があり、8月にはお盆休みを取る方も多いことでしょうから、土日以外の “国民的休日” がまったくない月は6月だけ……。

 というわけで、スケジュール表は早めにチェックしておいたほうがいいかもしれません。

 一方、お隣の国・中国では、今年の祝日はいつになるのでしょうか?
 中国政府が昨年末に発表した2018年の祝祭日休暇を見てみましょう。
続きを読む >>

北京再訪2017

  建国門から南を望む

 【北京 イベント ブログ】
 昨晩、訪問先の中国・北京から無事帰国いたしました。
 2年ぶりとなる北京再訪です。 今回も5泊6日と短期間ではありましたが、おかげさまで充実した毎日を送ることができました。

 今回の最大の目的にして目標となった一大イベントは、12月12日 (火) に北京の日本大使館で開催された、第13回 中国人の日本語作文コンクール表彰式とスピーチ大会で、私はなんと!その司会進行を務めさせていただきました。 (^^;)>

 当日は、横井裕 (よこい・ゆたか) 大使をはじめ上位入賞した中国全土の学生さん、指導教師、マスコミ関係者ら約150人が出席。 日本語学習意欲に燃える学生さんたちの熱気あふれる盛大な会となりました。
 (表彰式主催・日本僑報社、在中国日本大使館、メディアパートナー・朝日新聞社)

 その模様は、すでに朝日新聞で詳しく報道されましたので、ぜひこちらもご覧ください。

最優秀賞に河北工業大の宋さん 中国人日本語作文コン (2017年12月12日付、動画も)

 私めのつたない司会も、どうにか務めを果たすことができたようで、ホッと胸をなで下ろしています。 ε= (^。^;)

 この表彰式の模様は、追って主催者側である 日本僑報社の公式サイト などを通じて報告されますので、どうかそちらもご期待ください!
  
 また今回の訪中でお世話になりました全ての皆様に、この場をお借りして御礼を申し上げます。
 m(_ _)m  m(_ _)m

続きを読む >>

第13回「中国人の日本語作文コンクール」表彰式、12/12北京で開催へ

第12回作文コンクール表彰式 【北京 イベント ブログ】

 中国関係の書籍を出版している 日本僑報社 (東京・西池袋) によれば、同社と日中交流研究所 (段躍中編集長、所長) 主催の第13回 中国人の日本語作文コンクール の表彰式・日本語スピーチ大会が12月12日、北京の日本大使館で、横井裕大使、上位入賞者らの出席のもと開催されます。

 (表彰式共催:日本大使館、コンクール協賛:株式会社ドンキホーテホールディングス、東芝国際交流財団、メディアパートナー:朝日新聞社)

 2005年にスタートし13年目を迎えた今回のコンクールには、中国各地の189校から計4031本もの作品が寄せられました。
続きを読む >>

新華ビデオに登場しました!―「日中関係について日本人編集者が望むこと」

  新華ビデオ

 【中国 ビデオ ブログ】
 中国関係の書籍を出版している 日本僑報社 (東京・西池袋、段躍中編集長) で、編集の仕事に一部携わっている私ですが、先日、どういうわけか?そちらで中国大手メディア・新華社の東京支局の取材を受けました。

 その内容がこのほど、「新華ビデオ」 (New China TV) としてユーチューブにアップされましたので、お恥ずかしい限りですが、ご紹介させていただきます。 (^^;)>

 題して、What does a Japanese book editor hope for Japan-China relations? (日本人編集者はどのような日中関係を望んでいるか?)。
続きを読む >>

好評開催中の「ミャオ族の刺繍と暮らし展」、貴州ツアー考えるワークショップも 12/2

「ミャオ族の刺繍と暮らし展」 【貴州 ミャオ族 ブログ】

 中国西南部の貴州省に多く暮らすミャオ(苗)族の民族衣装を展示するとともに、その暮らしについても紹介する展覧会 ミャオ族の刺繍と暮らし展 が現在、東京・三軒茶屋の生活工房で開催されています (12月10日まで)。

 「公益財団法人せたがや文化財団 生活工房」 が、世界の山岳地に住む人々の暮らしを紹介するプログラム 「クライム・エブリ・マウンテン」 の第1弾。

 愛知県・苗族刺繍博物館収蔵の1000点を超える貴重なミャオ族の資料の中から、約60点の衣装を展示するほか、現地の暮らしを捉えた映像資料の公開や関連イベントの開催など、盛りだくさんの内容です。

 その関連イベントの1つとして、ワークショップ みんなでつくる貴州ツアー が12月2日(土)、同会場のワークショップルームAで開催されます。
続きを読む >>
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    しゃおりん (06/09)
  • 平和友好条約40周年・第1回「忘れられない中国滞在エピソード」、6月より募集スタート
    田嶋宏昭 (06/09)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    しゃおりん (05/12)
  • 四川大地震から10年、5月12日を「感謝の日」に制定
    楊玉環 (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    しゃおりん (05/12)
  • 中国旅行口コミランキング発表、外国目的地では東京、北海道がやはり人気
    omachi (05/11)
  • 米国で公開された話題の映画 「PANDAS」、予告編が堪能できる!
    しゃおりん (04/16)
  • 米国で公開された話題の映画 「PANDAS」、予告編が堪能できる!
    ちびぱんだ (04/16)
  • 「じらさないで!」、奈良公園に中国語などで鹿せんべい注意看板が登場
    しゃおりん (04/05)
  • 「じらさないで!」、奈良公園に中国語などで鹿せんべい注意看板が登場
    楊玉環 (04/04)
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM