話題の中国映画上映へ11/26―「第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM」で

映画「最愛の子」 【中国 映画 ブログ】

 東京都多摩市内で開催される、映画ファンを中心とした市民ボランティアによる映画祭 第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM が11月19日(土)〜27日(日) まで開催されます。

 会期中、「映画で見えてくる『本当の中国』」 と題し、香港のピーター・チャン監督、中国のヴィッキー・チャオ主演の 最愛の子 と中国のジャ・ジャンクー監督、チャオ・タオ主演の 山河ノスタルジア の2本の中国映画が上映されます。

 (いずれも11月26日、パルテノン多摩小ホールで)
続きを読む >>

「2016東京・中国映画週間」 10/21〜26 都内で開催へ、豪華ゲストも来日!

2016東京・中国映画週間_1 【中国 映画 ブログ】

 アジアで最大規模の映画祭 「東京国際映画祭」 が今年は第29回を迎え、10月25日(火)〜11月3日(木・祝) の10日間にわたり、東京都内で開催されます。

 この映画祭の連携企画である 2016東京・中国映画週間 が10月21日(金)〜26日(水) の6日間、東京・日本橋の TOHOシネマズ日本橋 をメイン会場に開催されます。

 (主催・NPO法人日中映画祭実行委員会)

続きを読む >>

中国映画界、日本ミステリーに熱いまなざし

「夏天十九歳的肖像」ポスター 【中国 図書・映画 ブログ】

 推理作家・島田荘司夏、19歳の肖像東野圭吾容疑者Xの献身 など、日本のミステリー文学への中国映画界のまなざしが熱い。

 『夏、19歳の肖像』 を原作とした中国映画 夏天十九歳的肖像 は、台湾の気鋭の監督・張栄吉 (チャン・ ロンジー) がメガホンを取り、この夏にも大陸部で公開される予定だ。

 また中国でも人気の東野圭吾のベストセラー小説3作品の映画化権を、中国の大手映画会社がそれぞれ獲得し、現在はすでに製作段階に入っているという。

 ここ数年、日本のミステリー文学は中国で次々と翻訳出版され中国ファンを拡大しているが、その 日本ミステリーブーム が映画界にも波及しているかのようだ――。
続きを読む >>

中国で大ヒット!徐静蕾監督作品 「あの場所で君を待ってる」、8/27〜日本公開へ

「あの場所で君を待ってる」_1 【中国 映画 ブログ】 

 主演: クリス・ウー (呉亦凡)

 監督・出演: シュー・ジンレイ (徐静蕾)

 2015年、中国で公開初登場1位!!

 世界遺産の街プラハを舞台に、時を超えた愛の奇跡を描く――。


 2015年2月に中国で初登場1位を記録した、シュー・ジンレイ監督作品 あの場所で君を待ってる8月27日(土)、いよいよ日本で公開されます。

 ――恋に破れ、心に傷を負った女性・ジン・ティエンが、かつて祖母が暮らしていたプラハを訪れます。 一方、主人公のズーヤンは、過去の恋愛で傷を負ったシングルファーザー。
 そんな2人がプラハで出会い、恋に臆病だった2人の距離が縮まるものの、しのびよる別れ。
 そして、ジン・ティエンの最愛の祖母の遺品から、祖母の切ない恋愛模様を知ることに。
 祖母の過去を辿りながら、2人に起こる奇跡とは? 真実の愛とは?

 2つの時代が交錯する愛の奇跡。 恋に傷ついた経験のある全ての人の心に沁みる極上のラブストーリーは、恋したいと思うあなたの背中を少しだけ押してくれる大人の物語です。
続きを読む >>

映画 「ラサへの歩き方 祈りの2400辧廖7/23(土)より 全国順次ロードショーへ

「ラサへの歩き方 祈りの2400km」 【中国 映画 ブログ】

 ―― 各国の映画祭で話題をあつめた驚きと感動。

 “五体投地” で聖地へ歩く、世界初のチベット巡礼ロード・ムービー ――


 “五体投地” で2400kmを巡礼する。
 老人、妊婦、幼い少女もいる3家族、11人の村人たち。

 チベットの人々の生き方がこころに響く物語。



 ――チベットの小さな村から聖地ラサ、そしてカイラス山へ。

 はるか2400kmを、両手・両膝・額 (五体) を地面に投げ伏して祈る、仏教でもっとも丁寧な礼拝の方法 “五体投地” でほぼ1年かけて歩く11人の村人の巡礼旅を描く、世界初のチベット巡礼ロード・ムービー。
続きを読む >>

「中国現代映画特集2016」 7/5〜7/7 東京で開催へ

「河」 「覇王別姫」 【中国 映画 ブログ】

 近年、世界的に注目を集める中国映画の魅力をより広く伝えようと、7月5日(火)〜7日(木)、東京・千代田区の神楽座で 中国現代映画特集 2016 が開催されます。

 中国の伝統芸術・京劇の舞台を映像化した 「3Dシネマ 京劇〜覇王別姫〜」、インディペンデント映画の大ヒット作 「心迷宮」、そして第28回東京国際映画祭で上映され絶賛された 「」 「少年バビロン」 の計4作品が上映されます。

「心迷宮」 「少年バビロン」 ちなみに 「」 は、チベットの新鋭監督ソンタルジャが現地語で描く、チベット遊牧民一家の嘆きの物語。

 昨年の第28回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門に出品され、大絶賛を浴びた作品です。

 映画マニアの知人からもこのほど、これは必見の一作! とのお薦めをいただきました。
 うう、できれば見に行きたい……。 (^^;)>
続きを読む >>

映画 「ラサへの歩き方 祈りの2400辧廖■祁遒茲蠢換餮開へ

「ラサへの歩き方 祈りの2400km」 【中国 映画 ブログ】

 ――チベット。 小さな村から聖地ラサ、そしてカイラス山へ。

 はるか2400kmを “五体投地” でほぼ1年かけて歩く11人の村人の巡礼旅――。


  中国で作られたチベット映画が、7月より全国で順次公開されます。
 「胡同のひまわり」 や 「帰郷」 のチャン・ヤン監督が、2015年に製作した巡礼映画 ラサへの歩き方 祈りの2400km

 フィクションでありながら、出演はプロの俳優ではなく 「チベット巡礼の旅をする11人の村人たち」 で、実際の村人たちがほぼ自分に重なる役を演じる、というユニークな映画なのだとか。
続きを読む >>

若き名匠ジャ・ジャンクー監督最新作 「山河ノスタルジア」、4月より日本公開へ

「山河ノスタルジア」 【中国 映画 ブログ】

 「長江哀歌」 でヴェネチア国際映画祭のグランプリである金獅子賞を受賞、「罪の手ざわり」 でカンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した、中国の若き名匠ジャ・ジャンクー監督最新作。

 第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作の 山河ノスタルジア4月23日 (土) より、東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほかで全国順次公開されます。

 ――急速に発展する中国の片隅で、別れた息子を想い、ひとり故郷に暮らす母。
 息子は異国の地で、母の面影を思い出す。

  時代の波に翻弄され、それでも変わることのない、母と子の強い愛を
 過去・現在・未来を通して描く、壮大な叙事詩
――。

続きを読む >>

中仏合作映画 「神なるオオカミ」、2016年1月〜 日本公開へ

映画「神なるオオカミ」 【中仏 映画 ブログ】

 名匠ジャン=ジャック・アノー監督、渾身の最新作。

 激動の時代に、オオカミに魅せられた青年がたどる運命とは――。


 「セブン・イヤーズ・イン・チベット」 「愛人/ラマン」 「スターリングラード」 などの名作を次々と世に送り出してきたフランス人監督ジャン=ジャック・アノーが、構想から5年をかけて挑んだ、人間とオオカミとの交流を描いた異色のヒューマンドラマ 神なるオオカミ が来春、いよいよ公開される!

 文化大革命により、内モンゴルの遊牧民の村にやってきた北京の学生チェン・ジェン。
 そこで遊牧民にとって最大の敵でありながら、彼らが最も崇拝する “神なる動物” オオカミと出合い、深く魅了されたチェンは、危険を冒してまでオオカミの子を捕らえ、飼い慣らそうとするのだが……。
続きを読む >>

中国映画 「僕たちの家に帰ろう」、8月下旬より渋谷ほか全国順次公開へ

「僕たちの家に帰ろう」 【中国 映画 ブログ】

 ――幼い兄弟が遥かなる乾いた河の道をゆく。
 それは、自分たちのルーツをたどる果てしない旅――。


 ――13億人もの人口を誇る多民族国家・中国。
 その巨大な大陸で現在わずか約1万4000人しか存在しないといわれる少数民族 「ユグル族」。

 映画 僕たちの家に帰ろう は、古代シルクロードの一部としてかつて繁栄した中国北西部の 「河西回廊」 が舞台。
 ユグル族の幼い兄弟が、放牧地にいる両親のもとを目指してラクダにまたがり、遥かなる旅に出る。

 その道すがら、様々な出会いと別れを経験し成長していく姿を、雄大な自然を背景にやさしい眼差しで描いた人間ドラマ。
続きを読む >>
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM