知日派の中国人ジャーナリスト、王征さんのメルマガ

「王征メルマガ」 【北京 インターネット ブログ】
 知日派の中国人ジャーナリスト、王征さんがこのほど始めた日本語のメルマガ (ブログサイト) がおもしろいです。

 北京生まれの王さんは、日本への大学留学を経て、東京の大手マスコミに勤務。 昨年帰国し、現在は北京にある出版社に勤めています。 日本滞在歴は15年に上るという日本通です。

 新設されたメルマガのサイトを開くと、最新第3号 (6月6日付) では 「マイナス財産」 という、思わずドキッとするような内容のコラムが掲載されています。
 いわく、王さんのような長年日本で経験を積んだ中国人は、成長著しい現代中国のビジネスモデルや社会対応についていけない、日本での経歴はプラスというよりもマイナスの財産なのではないか――という問題提起です。
続きを読む >>

矢野浩二さん、ブログでの逆告知に感謝!

  矢野浩二さんブログ

 【北京 ブログ】
 昨日のエントリーで、俳優・矢野浩二さんの 南方人物週刊 インタビュー記事についてご紹介したところ、矢野さんがさっそくご自身の公式ブログでそれを “逆告知” してくださいました!
 ありがとうございます〜〜!!! (‐^m^‐) 

 それによると……
続きを読む >>

「北京メディアウオッチ」 で振り返る2010年

上海万博・中国館 【北京 ブログ】
 今年も残すところ、あと数時間!となりました。
 皆様は、2010年大晦日のこの日、いかがお過ごしでしょうか?

 私は年明けに控えた仕事はともかく、大掃除やら年越し準備やらは大よそ片付き、ちょっとホッとしたところ。

 そしてこの1年をつらつらと振り返っています。
 日中関係では9月7日、尖閣諸島 (中国名・釣魚島) 付近で漁船衝突事件が発生。 その後、両国各地で抗議デモが行われ、両国関係は1972年の国交正常化以来 “最悪” とまでいわれるギクシャクとしたものになりました。
 国と国との関係が急速に冷え込むプロセスを目の当たりにし、私自身、大きな衝撃を受けた出来事でした。 中国人船長やフジタ社員の拘束などで、「すわ一触即発か」 という緊迫したムードになり、当時は毎日、心臓がバクバクしていたことが思い返されます。

 楽しいこともありました。
 6月には、中国初の万博 上海国際博覧会 (上海万博、5月1日〜10月31日) を参観。 どこへ行っても長蛇の列で、人口大国・中国のすさまじさを、身をもって体験しました (苦笑)。
 9月には、北京の日本大使館で、企画から関わってきた 「富士山映画上映会」 を開催することができました。 日中関係が微妙な時期ではありましたが、多くの中国人客が来場してくれ、ホッと胸をなでおろしたことでした。
続きを読む >>

【お知らせ】 第15回北京ブロガー交流会、10月23日に開催へ

 【北京 ブログ】
 劇的なニュースが続き、目が回るほど忙しくお過ごしの方も多いのではないでしょうか? (一応私も……^^;)。
 そんな今日このごろですが、北京のブロガーは元気です。

 第15回北京ブロガー交流会 (Be-bloggers vol 15.0) 10月23日 (土) に開かれるとのこと。
 ブロガーでなくても、ブログに関心のある人ならどなたでも参加OK!ということですので、皆さんふるってお集まりください!!

 私はあいにく参加することができませんが……。
 皆さん、楽しまれてくださいね〜〜!! \( ̄▽ ̄)/~~
 第15回交流会のご盛会をお祈りしています!


    ――第15回北京ブロガー交流会 (Be-bloggers15.0) 開催のご案内――
続きを読む >>

ついったー始めて2カ月なんだな…

しゃおりん1009 【北京 日常 ブログ】
 というわけで、ミニブログといわれる ついったー を始めて、今日で丸2カ月になった。
 この間、ついったーの世界でも、本当にいろんなことがありました。 語るも涙、聞くも涙で、目からはウロコが落ちっぱなし。。。

 いや、それだけ世界観が広がったのだと、どこまでも良い方に解釈する超プラス思考の私なのだが……(^^;)>

 いちおう丸2カ月のまとめをすると、今日21日、北京時間の午後10時現在で、ツイートの投稿数は、おお!ちょうど切れのいい1050件! 1日平均17.5件である。
 多いのか少ないのか平均値はわからないが、まあいいんじゃないでしょうか…… (えっ?しゃべりすぎ?)。
続きを読む >>

ついったー、最近の感想とまとめをば…

民族街 【北京 日常 ブログ】
 世界的流行のミニブログ ついったー を始めてからだろうか?
 ブログへの個人的興味が薄らいでいる。

 ブログという個人メディアに流れる時間がスローペースで、どこかもっさりしているような気がするからだろうか?
 長文を読むのも最近は面倒くさい。 その点、140文字制限でスラスラと読めるツイッターはスピーディーだし、リアルタイムなだけに刺激的だ。
 
 しかし、だからといって、ついったーを全面肯定するわけでもなければ、100%依存しているわけでもない。 それは功罪相半ばするサービスだと理解している。

続きを読む >>

ついったー20日目に、まとめてみた件

龍潭公園 【北京 日常 ブログ】
 中国本土で、中国製のミラーサイトを使いながら ついったー なるものを始めて、20日が経った。

 フォローユーザーもフォロワーも、現在3ケタ台に突入し、微増している。 関心をお寄せくださった皆さま、ありがとうございます!! m(_ _)m

 140文字でつぶやくという気軽さから、これまでには様々な失敗もあった。
 うっかりつぶやいた中国語の誤訳が、瞬時のうちに引用されて広まってしまい、冷や汗をかいたことも……。
 しかし、それもついったーのリアルなおもしろさであり、恐さであろう。
 ふとした軽いつぶやきは、RT (リツイート) などで発言者のアカウントが示されない限り、どこまで伝播していくかわからない。 ついったーは気軽で身近なツールだけれど、それだけに140文字のつぶやきには一層注意を払わなければと、いい教訓にもなったのだった。

 こうして手痛い経験を重ねつつも、ワタクシ発のつぶやきは留まることを知らない。
 今日8月10日、北京時間の正午現在、発信したツイートはすでに361件。 1日平均18件。 我ながらよくつぶやくオンナであることよ、と半ば呆れるものであるが。 (^^;)> 

続きを読む >>

しゃおりん on ついったー☆

北京・首都劇場 【北京 日常 ブログ】
 ひょんなことから、ミニブログといわれる ツイッター を始めて今日で10日目。

 厳しいネット規制がかかる中国本土では、ツイッターの公式サイトが表向き開けないことになっている。
 そこで、中国製のミラーサイトを使って、気になる人たちをフォローしたり、自分からつぶやいたりしているのだが……。

 正直に申しましょう。 ワタクシ今、ツイッターに浮気している。 本命の彼 (ブログ) を差し置いて、浮気相手?のツイッター君のところに入り浸っている、といった感じ? いや、それは過言であるとしても、関心のベクトルが完全にツイッターに向いているのは確かだ。

 なぜか?
 ブログよりも情報の送受信がスピーディーで、反応がダイレクトに返ってくること、ユーザー同士のつながりがリアルに感じられること、つながりが無限に広がっていく (可能性がある) こと、しかもそのつながりがユルイこと……などであろうか。

 今現在、そう、ツイッターを始めて10日目の午前にして、私は133件もつぶやいているww
 例えば、こんなふうに。

続きを読む >>

つぶやける件、つぶやけない件

北京の胡同 【北京 日常 ブログ】
 中国本土で、中国製のミラーサイトを使いながら ついったー なるものを始めて丸2日
 何となく、自然な流れで足を踏み入れてしまったのだが (月末繁忙期だというのに!)、これがなかなかおもしろい。

 現時点で 「好友」 (フォローユーザー) も 「関注者」 (フォロワー) も2ケタ台に突入。
 勝手にフォローしている人もいるし、有名人もチェックしてみた。
 いちいち個別に断りのついーと (つぶやき) を送ってはいないのだが、「ああ、コヤツも入ってきたな」 と軽く受け流していただければ幸い。

 ワタクシ発の 「消息」 (つぶやき) も、テストを含めて18件と急増中だ! ^^; 
 しかし、使っていく中で、困ったことも起きている。 ネット規制がかかる中国からの発信のせいなのか? ついーとによっては送信不能なものがある。 一定の言葉や文字が制限されているのだろうか。
 例えば昨日 (22日)、こんなついーとを送ろうとしたのだが、なぜか?ついぞ送れなかった。

続きを読む >>

我輩はついったー民である。

ついったー関連サイト 【北京 日常 ブログ】
 我輩はついったー民である。 名前ももうある。

 日本での流行からおおよそ1年遅れての登場である。 とはいえこちら大陸ではあいにく、ついったー関係のサイトが表向き開けないときている。
 そこで先日、北京に来訪したノンフィクションライターの 安田峰俊くん が日本でアカウントを作ってくれたのである。 心やさしい青年である。

 通常こちらのついったー民たちは、複雑なIT技術をあれこれ駆使して、規制の壁を打ち破るのだそうである。 または日本人ならば帰国した際などにアカウント登録をすればいいのだそうだ。

 しかし、しかしである。
 アカウントは作ってもらったはいいが、こちら大陸では表向き関連サイトが開けないものだから、私はいまだについったーの登録確認を終えていない。 この確認作業が完了しないと、ついったーのサービスが一部利用できないそうだ。 「一部」 というのが何を指すのか、よくわからないのであるが。

続きを読む >>
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 (JUGEMレビュー »)
趙 海成
小林さゆり/訳

【中国人著者が聞き出す本音の日本論】
『それでも私たちが中国に住む理由』、待望の姉妹本!
recommend
今こそ伝える日中100人
今こそ伝える日中100人 (JUGEMレビュー »)
北京大学日本校友会

日本と中国をつなぐ100人へのインタビュー集! 私も紹介していただきました。 お陰様でたちまち2刷に!!
recommend
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由
在中日本人108人のそれでも私たちが中国に住む理由 (JUGEMレビュー »)

中国18都市に住む、日本人108人のリアルな証言! 取材・編集に携わりました。 5刷 好評発売中!
recommend
中国年鑑 (2012年版)
中国年鑑 (2012年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2011年版)
中国年鑑 (2011年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
中国年鑑 (2010年版)
中国年鑑 (2010年版) (JUGEMレビュー »)

最新中国情報を網羅!
「暮らし」を執筆しています。
recommend
これが日本人だ!
これが日本人だ! (JUGEMレビュー »)
王 志強
小林さゆり/訳

【読んで首肯するか、立腹するか! ―― 中国人の対日認識を知るための必読書】
2刷 好評発売中!
recommend
北京探訪―知られざる歴史と今
北京探訪―知られざる歴史と今 (JUGEMレビュー »)

「大ブームに沸く 笑いの文化」を執筆しています。
recommend
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない
出張に役立つ中国語―もう困らない、恥をかかない (JUGEMレビュー »)
ニューメディア研究所thinking

2005年アルク刊
コラムを執筆しています。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM